キャンペーン・イベントスタッフのアルバイト情報

都道府県

キャンペーン・イベントスタッフのアルバイト情報

バナー

キャンペーン・イベントスタッフって何するの??

イベントスタッフの活躍の場は多岐にわたります。「ライブ会場」「スポーツの試合会場」だけにとどまらず、「セミナー」「野外フェス」など幅広い場所で業務があります。また、一つの現場でも設営から会場案内、警備など様々な仕事が存在しています。
勤務形態は、企業に自分の情報を登録し、案件ごとに出欠を出す登録制の場合が多いです。登録制の場合、毎週提示される様々なバイトの募集と、自分の予定を合わせて勤務を決定するなどといった手順を踏んで実際の勤務に至ります。
普段は見られないイベントの裏側を覗くことができるほか、シフトも自由で一日で一気に稼げるイベントが多いため、短期的に沢山のお金を稼ぎたい学生にもオススメできるバイトです。

キャンペーン・イベントスタッフのメリット

イベントスタッフの多くが1日からの募集のため、シフトの自由度が高いことが魅力です。また、1日の勤務時間が長い傾向にあるため、短期間にお金を稼ぐことができます。
毎回沢山のスタッフが稼働しているため、勤務するたびに新鮮な気持ちで沢山のバイト仲間に出会えるのも素晴らしいポイントです。様々なイベントに参加できるため、いろんな業界を知ることができるという点で、将来を考える際にも有効な経験ができるかもしれません。
臨時でお金が必要になった人や、平日は忙しい人にぴったりのバイトです。

キャンペーン・イベントスタッフの特徴

雰囲気

のんびり テキパキ

働き方

個人でもくもく みんなでわいわい

シフト自由度

シフトは固定 シフトは自由

おしゃれ自由度

服装 · 髪型には厳しい 服装 · 髪型は自由

キャンペーン・イベントスタッフの体験談

仕事先がほぼ毎回変わる上に、他のスタッフと何度も被ることも少ないため、人間関係の形成に気負いする事なく働けます。また、基本的にイベントは休日に集中しているため、平日、授業やサークル活動で忙しく、バイトができない人にとってはありがたいです。様々な職種の裏側も見る事ができるため、進路選択に役立ったり、経験値も上がると思います。

(女性/10代)

暇なときに自分がやりたい仕事を選んで稼ぐことができます。毎日同じ職場ではないので、行ったところでの簡単な作業をやることが多いです。難しいことを頼まれることは少ないですし、同年代のスタッフが多かったのもよかったです。

(男性/20代)

1日から始められるので、お金がすぐ欲しい時や、自分が好きな時に働けるのは1番良いところだと思います。単発で時給も高く、他に仕事をしてても色んなアルバイトを体験できるのが楽しいと思います。

(女性/20代)

色々な場所に行ったり、期間が限られていたので、仕事の内容をわかり始めた頃に終了したり、新たな人間関係をつくるのが少し大変でした。1日中働くことも多く、体力が必要です。

(女性/30代)

確実に毎週イベントがあるものではないので、収入は安定しづらいです。さらに基本的には週末にしか仕事が無いので、土日が丸潰れすることがあります。 同じバイト仲間と深く仲良くできないことが少しさみしいかもしれません。

(女性/20代)

キャンペーン・イベントスタッフの面接対策

イベントスタッフの募集の多くは登録制であるため、面接で何かを問われることは少ないです。しかし、キャンペーン等で司会やモデルなどをやることになった場合は、後にオーディションなどを行う場合があります。
また、面接時に服装や髪型は問われなくとも、募集されるイベントの案件によっては服装や髪型が厳しく指定されている場合があるので、バイトをする際には注意が必要です。
多くのイベントの場合、当日または前日に詳細を伝えられることが多いため、すぐに仕事を覚えて実践できる人が重宝される傾向にあります。幅広い業務にも好奇心を持って積極的に取り組める人にとっては、このバイトを通して貴重な経験ができるはずです。