早朝・深夜(夜勤)のアルバイト情報

都道府県

早朝・深夜(夜勤)のアルバイト情報

バナー

早朝・深夜勤務のバイトって何するの??

早朝・深夜(夜勤)バイトを探している人は「コンビニ」「郵便局・配達・ドライバー」などの職に就いています。

早朝はコンビニであれば6時、新聞配達などであれば2時30分などに勤務を開始するケースも多いです。一方、深夜のバイトは、コンビニであれば22時から6時の時間帯でシフトに入る例があります。夜勤といえばナイトワークも存在しますが、店舗によっては23時や24時で終了するお店も多いので応募時に確認しましょう。

一日の空いた時間を活用して働くため、体力がある人や、効率よく稼ぎたいと考えている人には魅力的なバイトになります。

早朝・深夜勤務のバイトのメリット

早朝・深夜(夜勤)バイトの魅力は、昼間の時間をフリーにできる点です。

このような特徴から、昼間の時間に本業の仕事がある人や学業とバイトを両立したい学生にぴったりのバイトになっています。それ以外の人にとっても、一日を有意義に過ごせる働き方ができると言えます。

一方で、一日の活動時間が長くなることから、それらをこなす体力とスケジューリング能力が必要とされます。早朝の時間は出勤するサラリーマンなどへの接客業務が多く、テキパキと仕事をこなすスキルが身につくでしょう。一方で、深夜勤務であれば客数も少ないため、じっくりと仕事内容を知る時間がとれます。ある程度自分のペースで仕事を覚えていくことができるでしょう。

早朝・深夜勤務のバイトの体験談

早朝勤務なので、終わりが早く、終わってからの昼間の時間に自由な時間が多いのが魅力的でした。早朝にバイトをしていても、学業や、仕事中に問題がなかったのがありがたかったです。短時間で時給が良いので効率よく稼げました。

女性/40代/郵便局・配達・ドライバー

夜勤でしたが、深夜割増があったので時給が高かったです。体力は必要で、身体が慣れるまで時間がかかりましたが、慣れたら楽になりました。通学しながらも勤務できたのも良かったです。

男性/20代/ナイトワーク

バイトがある時間が夜遅いので、生活リズムがバラバラになり、体力的にも精神的にもつらい時期がありました。また、深夜のため、勤務中も眠くなってしまいミスが増えることもありました。

女性/20代/居酒屋店員

夜勤が自分に合っていたようで、空いた時間などをバイトにあてられますし、昼に自由な時間があると本当に色々できたので楽しかったです。あまりバタバタしないので、初めてのバイトや、お金を稼ぎたいときに最適です。短時間で高給なのでコストパフォーマンスがよいのもポイントです。

男性・30代・コンビニスタッフ

深夜勤務だったのですが、プライベートの時間が他の人となかなか合わなかったのがつらかったです。22時から早朝までバイトの後、引き続き本業の仕事があったため、仮眠時間が少なくて集中力に欠け、悪い影響がありました。

女性/20代/コンビニスタッフ